その症状、鍼灸マッサージが効果的! 脊柱管狭窄症、痛みやしびれの原因とは?

その症状、鍼灸マッサージが効果的! 脊柱管狭窄症、痛みやしびれの原因とは?

病気の原因を知ろう

痛みやしびれは日常生活を送る上でとても苦に感じる方が多いと思います。

そういう私も腰には不安を抱えている一人なのですが、毎日適切にケアすることでここ数年は腰の痛みとは無縁の生活をしておりません。

脊柱管狭窄症の患者さんと話をしていると、ご自身の腰の状況をよく分かってみえず、とにかく動けば状況が改善すると思い込んでいる方が多いです。

ケアといったら鍼とマッサージをすること。。。

半分は正解なのですが、間違った認識と適切でない運動を行うと効果は半減するどころか、状況をより悪くしてしまいます。

そうならない為にも、まずは痛みやしびれの原因をしっかり把握して理解しておくことが大事です。

なぜ痛みやしびれが出ているのか、現在の腰の状況をご自身が把握することで、今後の身体のケアと取り組むべき運動か見えてくることでしょう。

患者A

痛みやしびれはどうして出るの?

まさし院長

脊柱管の構造と狭窄症の成り立ちをまずは理解しましょう

痛みやしびれの原因

脊柱管とは、背骨、推間板、黄色靭帯 (靭帯とは骨と骨とをつなぐ丈夫な線維組織 )などで囲まれた脊髄が通る空間のことをいいます。

狭窄状態を形成する原因は、腰椎を構成する多くの組織の退行性変化(加齢変化)で年を取ると、背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靭帯が厚くくなったりして、 脊柱管が狭くなるからです。

そうなると、脊柱管の中を通る神経が圧迫されて、痛みやしびれが出るようになるのです。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状に間欠性跛行があります。

脊柱管狭窄症による間欠性跛行は馬尾神経性、血管性、脊髄性の3種類の原因に分かれており、ご自身の脊柱管狭窄症がどれにあたるのか、キチンと理解しておくことが重要です。

まるちゃん

年齢と共に腰は弱くなるの~

まさし院長

人間の身体は消耗品ですが、適切なケアをすることでよい状態を長くキープすることができます。

脊柱管狭窄症の症状

神経の圧迫された状態が長期間にわたると、やがて神経に炎症が生じて、腰痛、下肢痛、しびれなどの症状が現れます。

脊柱管狭窄症が起こると、脊柱管内では神経が圧迫された状態が続いているので、神経への血流も滞ってしまい、十分な酸素や栄養が行き渡らなくなり、神経は酸欠状態に陥ります。

そのよう状態になると、間欠性跛行や足のマヒ、強いしびれ、お尻まわりの冷感・灼熱感といった感覚異常が起こります。

みなさんが感じてみえる痛みやしびれはこの神経の炎症や酸欠が影響していると言えるでしょう。

炎症をどのように鎮めるのか、行き渡らなくなった酸素をどのように届けるのか、その辺りが状況改善の鍵になりまそうです。

排泄障害が現れる場合もあり、自力で排尿・排便ができないときは、早急な手術が検討されます。

ゆづき

痛みやしびれが出るのにもキチンとした理由があるのね💦

かえで

炎症を抑えて血流をよくすることが回復の鍵になりそうね!

鍼灸マッサージで血行促進

なんでも鍼灸マッサージに頼れば良いというものではないですが、今回のように血行不良が原因なのであれば、鍼灸やマッサージを行うことは状況の改善に大いに役立つと思われます。

もちろん他に生活習慣の改善や適切な運動をして初めて高い効果が望めるのですが、私の受け持つ脊柱管狭窄症の患者さんの経過をみる限り、私たちが関わることで患者さんの状態は良くなりやすいです。

その時に最適な運動方法や体のケアなどを指導することで、ご本人の体調管理の意識も高まりま

腰に痛みが出ると何をして良いのか、どのように改善して良いのか全く分からないのが普通で、自己流を貫く場合はたいてい間違った行動なので余計に身体を痛める結果に繋がります。

急性期の腰痛であれば安静にすることが大事なのですが、脊柱管狭窄症の場合は安静にしすぎると足腰が弱って大変なことになってしまいます。

1人で運動が苦手な人は、足腰が弱り寝たきりになる前に、誰か良い指導者を見つけて一緒にリハビリを頑張っていくことをオススメ致します。

患者B

脊柱管狭窄症にマッサージは効果があるの?

まさし院長

マッサージをすれば身体が楽になりますが、痛みとしびれの症状に対しては鍼灸の方が相性がよいです!

まとめ

腰痛になった時には焦りが一番禁物です。

腰部脊柱管狭窄症になられた患者さんと話をしていると、すぐにでも状況を改善しようとして、無謀な挑戦に出ようとする方がとても多いです。

腰が痛いという以外は身体を自由に動かすことができますのでそういう発想になるのだと思うのですが、痛めてしまってから焦っても遅いです。

痛みを沈めながら、生活全般を見直して、一から身体を作り上げて行く気で取り組まないと、転倒して骨折などという最悪な事態も起こりえるのです。

ただ、脊柱管狭窄症は上手くケアをするとかなり状況が改善する疾患です。

一人で悩まずに、困った時には専門家の知恵を借りることも大事でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。