羽毛布団と毛布、どちらが上かで温かさが変わる、寒い冬を乗りきる為の知恵を身に付けよう!

羽毛布団と毛布、どちらが上かで温かさが変わる、寒い冬を乗りきる為の知恵を身に付けよう!

寒い冬を乗り切る為の知恵

朝晩の冷え込みが増し、布団の中まで寒さを感じる季節になると、就寝時に毛布や羽毛布団を使う方は多いことでしょう。

そんな季節に「羽毛布団」「毛布」どちらを上にした方が保温効果が高いか皆さんご存じでしょうか?

寒い冬を快適に乗り切るための知恵として知っておくと便利かと思います。

就寝時に「羽毛布団」と「毛布」を重ねてかけるとき、どちらを上にするかで温かさが違ってくることを知らない人は意外と多いのではないでしょうか。

冬はなるべく温かくして眠りたいの~

知っているとちょっと得する生活の知恵です!

羽毛布団と毛布どちらを上にする?

では、羽毛布団と毛布どちらを上にするとより温かさを感じられるのでしょうか?

その答えとして、「毛布」を「羽毛布団」の上にして、身体を羽毛布団と接するようにして寝た方が、布団の中が温かくなると一般手に言われています。

羽毛布団には体温を感知してふくらみ、保温性を高める性質があり、そのため、体の上に直接、羽毛布団をかける方が温かさを感じやすくなるのです。

この羽毛布団の性質を知ってみえる方はよいのですが、羽毛布団に詳しくない方は、この効果を遮断してしまうよくある間違いに注意してください。

じつは、羽毛布団と身体の間に毛布があるとこの効果を遮断してしまうのです。

これは私も長年勘違いしていて、わざわざ羽毛布団と身体の間に毛布を入れてしまい、羽毛布団の性能と特性を全く活かせず、保温性すら逃して冬場寒い思いをしていたのです。

知らないってことは何かと損をしているのです。。。

毛布を羽毛布団の上にして寝た方がよいのね!

羽毛布団の性質を理解していないと損しますね!

保温性を高める裏技を知ろう

せっかくの機会なので、保温性を高める為のさらなる裏ワザがあることも知っておくとよいでしょう。

温かさをよりパワーアップさせたい場合の対策として、毛布を身体の下に敷き、身体の上に羽毛布団をかけてみてください。

そうすることで、身体から放出される熱を下から受け止めることができるため、保温効果がぐっと上がります

寒い季節に身体が冷えたり風邪を予防するという意味合いで、ちょっと一工夫するだけで冬の就寝時の時間がより快適に楽しく温かくなるでしょう。

簡単なので、就寝時に快適に温かく眠れる対策をぜひやってみてください。

毛布を身体の下に敷くだけなら簡単にできそうね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。