新型コロナ、感染者が他人に感染させるリスクがある期間はいつまで?

新型コロナ、感染者が他人に感染させるリスクがある期間はいつまで?

新型コロナの感染後の対策を知ろう

新型コロナウイルスに感染した人が、他の人に感染させるリスクがある期間はいつまでなのか、みなさんは知っていますか?

感染しない為の努力をしていても感染してしまうのが新型コロナウィルスです。

感染は不可抗力であり仕方のないことですが、大事なのは自分が誰かに感染させない努力です。

大切なあなたの親族や友人に感染させてしまわないためにも、感染防止に努めるべき期間を知っておきましょう。

クラスターを未然に防ぐ努力をしよう!

感染防止に努める期間

新型コロナウイルスに感染した人が他の人に感染させてしまう可能性がある期間は、発症の2日前から発症後7~10日間程度とされています。

※また、この期間のうち、発症の直前・直後で特にウイルス排出量が高くなると考えられています。

このため、新型コロナウイルス感染症と診断された人は、症状がなくとも、不要・不急の外出を控えるなど感染防止に努める必要があります。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第5.3版より

発症の2日前から発症後7~10日間は要注意だニャ!

感染させない為の大人の対応

新型コロナウィルスの感染拡大防止には一人一人のモラルが問われます。

「自分は関係ない!」「用事があるから外出したい!」「友達と遊びたい!」「美味しい物を食べに行きたい!」など目先の欲求はたくさんあるかと思いますが、新型コロナに感染した時は自宅に待機して病気からの回復を待ってください。

不用意に外出しないようにしましょう!

新型コロナに感染して自宅療養する場合は孤独と不安でいっぱいでしょう。

大変だとは思いますが感染リスクのある期間は人との接触を避けて感染拡大を防止する意識をしっかり持ちましょう。

私が一番恐れているのは、新型コロナに感染して不用意に行動することで重症化や死亡しやすい人に迷惑をかけてしまわないかというところです。

「自分は丈夫だから気にしていない。」というのは個人の自由なのですが非常に自分勝手な考えで、世の中には重症化や死亡のリスクを抱えて戦々恐々としている方のみえることを理解しておいてください。

他人に感染させる割合はどれくらい?

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、どれくらいの人が他の人に感染させているのかも統計が出ています。

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、他の人に感染させているのは2割以下です。

日本人はわりと優秀で、多くの人は他の人に感染させていないと考えられています。

私もそうですが、感染させない為の意識は高めの国民が多いのでしょう。

感染リスクを2割以下から0%にしたいですね!

みんなの努力で流行は抑えられる

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ対策は誰にでもできます。

それは、感染防護なしに3密(密閉・密集・密接)の環境で多くの人と接するなどによって1人の感染者が何人もの人に感染させてしまうことがなければ、新型コロナウイルス感染症の流行を抑えることができるのです。

とても簡単ですが、「遊びたい!」「楽しみたい!」「人と会いたい!」という欲求に打ち勝たなければいけませんので一筋縄ではいきません。

政府もその辺りは個々のモラルに任せるしかなく、一人一人の感染拡大防止への心構えが大事になってきます。

感染リスクについては「感染リスクが高まる5つの場面、感染拡大に注意しよう!」の記事で詳しく解説しております。

感染させない行動を意識する

体調が悪いときは不要・不急の外出を控えることや、人と接するときにはマスクを着用することなど、新型コロナウイルスに感染していた場合に多くの人に感染させることのないように行動することが大切です。

体調が悪い時の個人の正しい行動が感染拡大防止には欠かせません。

体調が悪かったり熱がある時の外出は極力控えましょう。

大事な用事があっても体調を崩しているのならキャンセルするべきです。

相手の安全のためにも不要不急の外出に備えましょう。

それは、あなたの大切な人に新型コロナウィルスを感染させない為の大事な行動です。

マスクを着用しよう!

マスク着用率についてはスーパーなどに出向いてもマスクを着用していない人を探すのが難しいくらい、皆さんのマスクに対する意識は高いです。

日本人は元々マスクをする習慣がありますし、抵抗なく受け入れられているのでしょうね。

※ マスクの着用により、感染者と接する人のウイルス吸入量が減少することがわかっています。(布マスクを感染者が着用した場合に60-80%減少し、感染者と接する人が着用した場合に20-40%減少します。)

まとめ

私は先日、2度目のモデルナワクチンの予防接種を終えました。

ワクチンの予防接種を受ける理由は自分の為というより、私が媒介人になってウィルスを感染拡大させたくないからです。

不要不急の外出を控えて人との接触を避けること、外出時はマスクを必ず着用すること、ワクチン接触を行うこと。

これらは自分の為でもありますが、私の大事なの人たちを守るための行動でもあります。

新型コロナの感染拡大を防止するためには、皆さん一人一人の意識が大事ですよね。

Follow me!

新型コロナ、感染者が他人に感染させるリスクがある期間はいつまで?” に対して4件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です